名古屋市の鶏名古屋コーチンについて詳しく丁寧に解説するサイト『名古屋市名物名古屋コーチン』
名古屋市の鶏名古屋コーチンについて詳しく丁寧に解説するサイト『名古屋市名物名古屋コーチン』

名古屋コーチンとは、名古屋コーチン普及協会の会員が名古屋周辺地域で生産した、名古屋
コーチンの肉と卵だけに許された登録商標で、名古屋の特産品の卵肉兼用種です。
正式な品種名は「名古屋種」で「名古屋コーチン」は通称なのですが、こちらの名称の方が
広く一般的によく用いられています。
明治時代に海部壮平、正秀兄弟によって開発された鶏で、今では名古屋市を代表する特産物
となり、名古屋だけでなく全国的に親しまれています。
このサイトでは名古屋コーチンが作られるまでの歴史などを解説しています。
興味のある方は是非お読みください。

卵肉兼用種

名古屋コーチンは卵をよく産み肉もおいしいことから、卵肉兼用種に分類されています。

生い立ち

名古屋コーチンは、明治維新で禄を失った尾張藩士、海部壮平、正秀兄弟の血のにじむ努力の結果から生み出されました。

明治以前の養鶏

明治以前の日本では、闘鶏用の軍鶏や愛玩用のチャボを飼う人はいても、卵や肉を目的とした養鶏はほとんどありませんでした。

名古屋コーチン

名古屋コーチンの正式名称は「名古屋種」と言います。体全体が淡い黄褐色で、雄は翼の下半分と尾羽は黒く光沢があります。

性能

卵用名古屋コーチンは肉用名古屋コーチンよりも産卵率で約10%高く、肉用名古屋コーチンは卵用名古屋コーチンよりも体重が約10%大きくなります。

明治時代

明治初期に旧尾張藩士の海部荘平、正秀氏によって尾張地方の在来種とバフコーチンと交配して改良が開始されました。